【食プリコム】店舗向けフードプリンターがわかる・使える » 菓子店の利益拡大ノウハウ

菓子店の利益拡大ノウハウ

菓子店も高利益率商品の開発が求められるなかで、フードプリンターを活用することは1つの有効な施策です。菓子に今まで人の手で文字や絵を入れていた場合は、フードプリンターを導入することで、人件費の削減と新たな価値の付与が可能になります。ここでは、フードプリンターのメリット・デメリットについて説明しています。

フードプリンターの活用によるメリット

菓子店の多くは利益率が低くなりがちです。人件費を抑えるのは難しく、さらに原材料の高騰の影響も受けてもなかなか商品の値上げができないからです。

高付加価値商品

利益率が高い商品を開発するためには、顧客ニーズに寄り添い、顧客に喜びを感じてもらうことが大切です。その期待に応える手段の一つが、フードプリンターです。フードプリンターを使用することで、写真や文字を菓子に印刷ことができ、見栄え良く、かつニーズに寄り添って特別感のある演出が可能になり、高付加価値をつけることができるようになります。

人件費削減

フードプリンターの導入で、今まで手作業でしていた菓子へのイラスト作成や文字の書き込みを機械で行えます。そのぶん労力が減り、イラスト作成・文字書き込みをしていた担当者に別の作業をしてもらうことができるようになり、総合して人件費の削減につながります。

フードプリンターのデメリット

フードプリンターの設備投資が必要

様々な効果が見込めるフードプリンターですが、安くはない機械の導入には設備投資費が必要です。大量印刷向きと少量印刷向きの違いがありますが、フードプリンターを導入するにはそれなりの初期費用が掛かります。投資に見合ったリターンを得られるかは、事前に確認したほうがよさそうです。

しかし、この設備投資を長期間使用すると仮定すると、1日当たりの使用金額を抑えることが可能です。使用量と期間、計画性の有無に左右されるでしょう。

人件費を削減したい菓子店のためのコスト削減アイディア

フードプリンター導入の効果で大きいものとしては、高付加価値商品の開発と人件費の削減、それにより利益率の高い経営が可能となることです。どのようにして高付加価値商品の開発と人件費の削減をしていけるかについて解説します。

流行りの波に乗る菓子の新しい売り方

近年の菓子業界は、どのようなトレンドで移り変わっているのでしょうか?新型コロナウィルスの影響による菓子業界への影響と、データを基に分析し、新しい菓子店の施策と販売方法について考えていきます。

菓子店を開業するには?導入する設備機器のタイミングも解説

菓子店を新しく始めるには、どのような準備を行えばよいのでしょうか?菓子店を始めるためには様々な資金が必要になり、すべて新品で最初からフル装備をするとなると、かなりの高額になってしまいます。ここでは支払金額を調節する工夫や、菓子店を開業するときの許認可や資格、資金、設備について理解を深めていきます。

経営で成功する菓子店の秘訣

菓子店を開業しても経営がうまくいかない店舗も多くあります。それは、利益率が高い経営計画を立てていないからです。菓子店の経営では利益率を高くすることは難しく、スペシャリテや高付加価値商品の開発が求められます。利益率の高い菓子店の経営について考えてました。

コロナ禍を打開する菓子店の取り組みとは

ウィズコロナ・アフターコロナで、菓子店は事業を継続するためにどのような取り組みを行っているのでしょうか? コロナ禍でも成功している店の特徴を見ながら、これからの菓子店の取り組みについて考えていきます。

菓子店経営で考えたい「マーケティング」とは

菓子店経営でもマーケティングが求められています。マーケティングとは決して一部のビジネスだけに求められているものではなく、菓子店にも求められています。そこで菓子店ではどのようなマーケティングが求められているのか、手法や流れについてを考えてみました。

菓子店の値上げで失敗しないためのポイント

菓子店では闇雲に値上げをするのではなく、根拠のある値上げをすることが大切です。そうすれば、客足や売り上げにそれほど大きな影響を与えることはありません。値上げは経営の安定化や従業員の賃金アップにとって不可欠なので、失敗のリスクを把握したうえで検討してみましょう。

⽬的で選ぶ
店舗向けフードプリンター
ケーキなどに
きれいな写真を
印刷したい
焼き菓⼦に
イラスト・ロゴを
印刷したい
飲み物に
客前ですばやく
印刷したい
【PR】フードプリンターで写真映えする印刷を行う方法
【PR】フードプリンターで写真映えする印刷を行う方法 sp